2016年9月25日日曜日

直接攻撃演出プラグイン

blog

RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「直接攻撃演出プラグイン」の紹介です。

プラグインの説明

スキル実行時にターゲットまで近寄ってから実行します。追加で以下の機能を提供し、簡単なバトラーアニメーションを実現します。
主に競合等の理由でYEPアクションシーケンスを使用しない方向けです。

  • 放物線移動
  • 座標直接指定移動
  • 戦闘アニメーション表示
  • 残像表示
  • アクターモーションや武器モーションの個別指定

スクリーンショット

対象まで放物線を描いて飛んでいきます。設定で残像表示も可能です。 スクリーンショット

メモ欄指定方法

スキルのメモ欄に以下の通り指定してください。

<DAE攻撃:12,10,0,0>      # 12フレーム、高度10で対象まで移動
<DAEAttack:12,10,0,0>    # 同上
<DAE帰投:18,25>          # 18フレーム、高度25で元に位置に戻る
<DAEReturn:18,25>        # 同上
<DAE姿隠し>              # 移動する際にバトラーの姿を隠します。
<DAEHidden>              # 同上
<DAE残像>                # 移動する際にバトラーの残像を表示します。
<DAEAfterimage>          # 同上
<DAE帰投なし>            # 発動後に元の位置に戻らなくなります。
<DAENoReturn>            # 同上
<DAEアニメ:1>            # 発動者にID[1]のアニメーションを再生します。
<DAEAnimation:1>         # 同上
<DAE対象者アニメ:1>      # 対象者にID[1]のアニメーションを再生します。
<DAETargetAnimation:1>   # 同上
<DAE絶対位置:320,240>    # 座標[320, 240]に移動します。
<DAEAbsolutePos:320,240> # 同上
<DAE相対位置:30,10>      # 対象者から[30, 10]の位置に移動します。
<DAERelativePos:30,10>   # 同上
<DAE自己相対位置:5,0>    # 自分自身から[5, 0]の位置に移動します。
<DAESelfRelativePos:5,0> # 同上
<DAE瞬間移動:320,240>    # 座標[320, 240]に瞬間移動します。
<DAETeleport:320,240>    # 同上
<DAEアクターのみ>        # アクターが実行したときのみ演出が有効になります。
<DAEActorOnly>           # 同上
<DAE敵キャラのみ>        # 敵キャラが実行したときのみ演出が有効になります。
<DAEEnemyOnly>           # 同上
<DAE武器:1>              # 攻撃時のモーションが「攻撃:武器タイプ[1]」になります。
<DAEWeapon:1>            # 同上
<DAEモーション:dead>     # 攻撃時のモーションが「戦闘不能」になります。
<DAEMotion:dead>         # 同上

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。
https://raw.githubusercontent.com/triacontane/RPGMakerMV/master/DirectlyAttackEffect.js

ダウンロード方法(Windowsの場合)

  1. リンク先に飛ぶ
  2. 右クリック
  3. 名前を付けて保存
  4. ファイル名を変えずに、プロジェクトの「js/plugins」配下に配置

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。
http://opensource.org/licenses/mit-license.php

2016年9月20日火曜日

ノベルゲーム総合プラグイン

 RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「ノベルゲーム総合プラグイン」の紹介です。


ニコニコ自作ゲームフェスMVについて

 当プラグインは、ニコニコ自作ゲームフェスMVの企画「サウンドノベルを作ろう」のご依頼で作成しました。関係者の皆さまに改めてお礼を申し上げます。プラグインそのものは他と同様にMITライセンスでの配布となりますので、ニコニコ自作ゲームフェスMV投稿作品以外にももちろんご利用頂けます。

プラグインの説明

 RPGツクールMVでサウンドノベルを手軽に作成するためのベースプラグインです。適用すると、メッセージウィンドウの表示が画面全体になり表示したメッセージが消去されず画面に蓄積されるようになります。

 選択肢もウィンドウの枠内に表示されます。また、メッセージ表示速度の調整や決定キーを押した際の瞬間表示など、メッセージに関わる機能を包括的に提供していく(予定)のプラグインです。

 タイトル画面もそれっぽく変わります。

プロジェクト

プラグインを適用済みのプロジェクトをGitHubにて公開しています。使い方の参考にしてください。デモも用意してあります。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

2016年8月10日水曜日

イベント動的生成プラグイン

 RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「イベント動的生成プラグイン」の紹介です。


プラグインの説明

 イベントをコピーして動的に生成します。コピーした一時イベントは、イベントコマンド「イベントの一時消去」によって完全に削除され、オブジェクトとスプライトの使用領域を解放します。セルフスイッチは個別に管理され、生成されるたびに初期化されます。

スクリーンショット

生成位置をランダムにすることもできます。ただのランダムではなく以下の補助条件を指定したうえでのランダムです。

  • a. 通行可能かどうか(0:判定なし 1:通行可能タイルのみ)
  • b. 画面内 or 画面外(0:判定なし 1:画面内 2:画面外)
  • c. 他のキャラとの重なり(0:判定なし 1:プレイヤー 2:イベント 3:両方)
  • d. 地形タグ(0:判定なし 1..:指定した地形タグ)
  • e. リージョン(0:判定なし 1..:指定したリージョン)

他プラグインとの連携

テンプレートイベントプラグイン「TemplateEvent.js」と組み合わせるとテンプレートマップに定義したイベントを直接、マップに生成することができます。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

本体v1.3.0配信にともなうプラグイン更新について

 RPGツクールMVの本体v1.3.0が配信されたことによっていくつかのプラグインが正常に動作しなくなりました。本稿では私が作成したプラグインのなかで1.3.0関連で修正したものをまとめています。


並列プリロードプラグイン

 本体v1.3.0にするとタイルマップが描画されなくなります。今回の更新ではそれに対応して1.3.0でタイルマップが描画されるように修正しました。その代わり1.2.0以前では使用できなくなります。

 また、ファイルのプリロードに失敗した場合(存在しないファイルを指定した場合など)にエラーの発生を抑制して、スキップするように仕様を変更しました。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)


ロード失敗エラーのすり抜けプラグイン

 本体v1.3.0で使用するとエラーになるので、再度エラーが発生しないように修正しました。同じく1.2.0以前では使用できなくなります。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)


GUI画面デザインプラグイン

 本体v1.3.0で使用すると警告が出力されます(非推奨となったクラスを使用しているため)。一応、動作しているようでしたが怪しいので警告が出力されないよう修正しました。同じく1.2.0以前では使用できなくなります。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)


その他

 こちらが確認している限りでは大丈夫そうですが、おかしな動作を見付けた場合はご一報をお願いいたします。

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

2016年7月26日火曜日

戦闘リトライプラグイン

 RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「戦闘リトライプラグイン」の紹介です。


プラグインの説明

 戦闘でゲームオーバーになったあとのゲームオーバー画面でリトライ可能になります。雑魚敵とボス敵とでリトライ可能かどうかを分けることができます。リトライを選択すると一度だけメニュー画面を開いた後で、再戦することができます。制御文字が利用可能な任意のメッセージをひとつ追加表示することができます。

スクリーンショット

  • リトライ:選択すると、一度だけメニュー画面を経由してから戦闘画面に戻ります。(設定でメニュー画面を経由せず戦闘画面に戻ることもできます)
  • ロード:選択すると、ロード画面に遷移します。タイトル画面を経由せずに任意のセーブファイルをロードできます。
  • タイトルへ:選択すると、タイトル画面に遷移します。デフォルトと同様の動作です。

 さらにオマケ機能として、戦闘中に実行すると強制的に戦闘が最初からやり直しになるプラグインコマンドを提供します。有名RPGの某魔法が再現できます。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

2016年7月17日日曜日

NPCフォロワープラグイン

 RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「NPCフォロワープラグイン」の紹介です。


プラグインの説明

 マップ上の隊列の好きな位置にパーティメンバー以外のNPCを追加します。NPCはデータベース上はアクターで定義してプラグインコマンドから追加、削除します。戦闘員ではないので、メニュー画面や戦闘画面には影響を与えません。また、隊列表示していない場合は何も表示されません。

スクリーンショット

 同一IDのアクターを複数追加することもできます。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

2016年7月10日日曜日

戦闘行動結果ポップアッププラグイン

 RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「戦闘行動結果ポップアッププラグイン」の紹介です。


プラグインの説明

 戦闘中に行動の結果のメッセージをポップアップします。ポップアップするのは動的に作成した文字列もしくは用意したピクチャです。具体的な表示条件は以下の通りです。

スクリーンショット

  • 失敗(通常のMissは表示されなくなります)
  • 回避(通常のMissは表示されなくなります)
  • クリティカル
  • 反撃
  • 魔法反射
  • 弱点(ダメージ倍率が1.0を上回った場合)
  • 耐性(ダメージ倍率が1.0を下回った場合)
  • ステート付与(ステートごとに設定できます)
  • コモンイベント(プラグインコマンドから実行します)

 また、ポップアップ時にフラッシュカラーを指定することができます。フラッシュカラーの指定は「赤」「緑」「青」「強さ」の順番でカンマ区切りで指定してください。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

更新履歴

プラグインファイルのヘッダをご確認ください。

2016年6月25日土曜日

ロード失敗エラーのすり抜けプラグイン

 RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「ロード失敗エラーのすり抜けプラグイン」の紹介です。


プラグインの説明

 存在しない画像、音声素材が指定された場合に発生するエラーを無視します。音声の場合は何も再生されず、画像の場合は空の透明画像がセットされます。

スクリーンショット

  • エラーログは通常通り出力されます。
  • 動画ファイルについてはもともとエラーを発生させていないので何もしません。
  • フォント、データベースまたはプラグインで追加されたファイルの読み込みに失敗した場合は、通常通りエラーが発生します。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

更新履歴

  • 2016/06/25 初版

テンプレートイベントプラグイン

 RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「テンプレートイベントプラグイン」の紹介です。


プラグインの説明

 汎用的に使用するイベントをテンプレート化できます。テンプレート用のイベントは、専用に用意したマップに定義してください。実際のイベントのメモ欄に所定の記述をするだけで、テンプレートイベントと動的に置き換えることができます。

スクリーンショット

 実際のイベントの記述例です。

 テンプレートイベントの記述例です。

 宝箱や場所移動イベント等、汎用的なイベントかつ、一部だけ固有の処理をしたい場合に有効なプラグインです。外観や共通部分のイベント処理をテンプレートイベントに記述し、アイテム入手や場所移動先指定など固有部分だけを元のイベントに記述します。

 さらに、任意のマップイベントの指定したページをコモンイベントのように呼び出す機能も提供します。イベントIDおよびイベント名で呼び出すイベントを指定可能です。

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。このプラグインはもうあなたのものです。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

更新履歴

  • 2016/06/28 固有イベントのページ数がテンプレートイベントのページ数より少ない場合に発生するエラーを修正
  • 2016/06/25 初版

2016年6月21日火曜日

RPGツクールMV製ゲームをブログや自サイトに埋め込む方法

 RPGツクールMV製のゲームはインターネット上に一般公開できるのが特長で作成したゲームを自分のサイトやGithub等で自由に公開できます。あとはそのURLを広く周知すればいいだけですが、ブログやWebサイト上にゲーム画面を直接埋め込むことも可能です。そこで本稿ではそのやり方を簡単に説明します。なお、導入には基本的なHTMLタグに関する知識が必要です。

「iframe」タグを利用する

 iframeタグを利用すると、異なるサイトのドキュメントをインラインフレーム内に表示できるようになります。以下はその一例です。

<iframe id="gameFrame" allowfullscreen width="816" height="624" src="https://triacontane.github.io/PluginDevelopment/" sandbox="allow-same-origin allow-scripts"></iframe>

 各属性について説明します。
  • src:ゲームのURLを設定します。
  • width:ゲームの解像度(横幅)を設定します。
  • height:ゲームの解像度(高さ)を設定します。
  • sandbox:コンテンツにセキュリティの観点から制限を掛けることができます。指定する場合、最低限「allow-same-origin」と「allow-scripts」がないと起動しません。
  • allowfullscreen:設定しておくとゲームをフルスクリーンで表示できるようになります。
iframeタグの仕様詳細はこちらをご覧ください。

ゲームの開始と終了が可能なボタンを用意する。

 このとおりiframeタグを定義すれば、自作のツクールMV製のゲームを埋め込むことができますが、src属性に最初からURLを設定しておくとブログを開いた時点でゲームが開始されてしまいます。昨今、スマートフォンから開かれることも多いので、音量や通信量の面で問題がありますね。そこで専用のボタンを用意してボタンが押されてからゲームが開始されるようにしてみましょう。加えて、ゲーム開始後すぐに操作できるようにフォーカスをゲーム画面に移動しています。

<input type="button" value="ゲームを始める" onclick="gameFrame.src='https://triacontane.github.io/PluginDevelopment/'; gameFrame.focus();"/> <input type="button" value="ゲームを止める" onclick="gameFrame.src='';"/>

 onclickイベントでiframeのidに指定したsrc属性にゲームのURLを動的に設定しているだけです。スクリプト言語はMVユーザにはおなじみのJavaScriptですね。ついでに終了ボタンも用意してみました。

実際に埋め込んでみる

 実際に私がGithubにあげたゲームを埋め込んでみました。「ゲームを始める」ボタンで開始します。なお、プラグインのデモ用プロジェクトなので、まともなゲームとしては動作しません。ご了承ください。通常ではMV製ゲームでのリロードはF5(ページリロード)ですが、この場合はWebサイトそのものをリロードしてしまうのでゲームだけをリロードしたい場合、再度「ゲームを始める」ボタンを押下すればOKです。


(C)2015 KADOKAWA CORPORATION./YOJI OJIMA


操作方法

  • Z, Enter:決定
  • X, Esc:キャンセル・メニュー
  • Shift:ダッシュ
  • F3:画面にフィット
  • F4:フルスクリーン

まとめ

 ゲームをサイトに埋め込むことで操作方法や権利表記、使用素材明細をゲーム画面外に記述することもできますし、場合によってはアフィリエイト収入も期待できますね。今回はお試しということで最低限の機能のみ解説しましたが、外観にもこだわることでよりゲームの雰囲気を醸し出すこともできるかもしれません。以上、ツクールMVならこんなこともできますよー、という紹介でした。

関連記事